ナンパの台本は、「相手がこう反応したらこうすれば良い」という流れを分岐型のチャートにしたものです。相手がどんな反応をしてきても逃げられずにこっちに引き寄せられる。相沢蓮也が編み出したナンパの流れを網羅したものです。

>>ダウンロードはここからできます

もちろん分岐の数はかなり多くありますから、全て憶えるのはなかなかに大変なもの。そこでこのテクニックはPDFファイルだけではなく、ナンパをしながら相手の反応に合わせて画面をクリックし、「次の手」を見る事が出来る「分岐型台本のクリック式ホームページ」も用意されています。スマホで開いておき、ナンパの際に相手の反応を見て次にやるべき事をカンニングできるというわけです。

これなら相手にどんな反応をされても怖くありませんね。劇の台本は見ながら演じる事は出来ませんけど、ナンパの台本は見ながら出来るのですよ。

PDFファイルの内容ネタバレ

相手の女性の反応に対してどう切り返せば良いのか、フローチャート式のフレーズ集がナンパの台本の売りです。

本編と「台本」の2つがあります

このナンパの台本は、「こちらが〇〇と言った事に対して、こう反応が来たら××、こう反応が来たら△△」とフローチャート状のフレーズ集になっており、これを身につければ相手の女性がどんな反応をしてきても的確な返しが出来るという構成で、他のナンパの教材とは異なる利点となっております。
この「台本」の部分が前面に出ていますが、実はPDFファイルの内容はそれだけではありません。「本編」と「台本」の2種類があるのです。

台本だけではないので初心者にもオススメ

ナンパって勇気が要りますよね。だからこそどんな女性の反応にも切り返せるフレーズが網羅されているこの「ナンパの台本」を使ってみようか、と思うわけですが、ナンパの初心者の人からするとまず「どんな場所でやれば良いのか」「どんな服装でやるべきなのか」などなど、まずナンパってどういう風にやればいいんだろう?というところが分からないわけで、いくらフレーズを頭に叩き込んでいても最初の一歩が分からない。

あと仮に声を掛けてうまく行ったとして、その後どうすれば良いかって分かっていますか?
ナンパがうまく行ってもその後がダメじゃ意味ありませんよね?
PDFファイルの「本編」はフローチャートのフレーズ集ではなく、そういったナンパに関する知識・テクニックが記載されています。

フローチャート式のフレーズ集という部分が前面に押し出されている「ナンパの台本」ですが、フレーズ集以外のコンテンツも充実していますので、ナンパをやってみたいけど一歩が踏み出せないでいる方でも一からナンパのやり方を学べますよ。
もちろん、ナンパをそれなりにやってきているけど結果がなかなか出ないという人にとってはフローチャート式フレーズ集はとても実戦的です。このフローチャートだけでも充分に見るべき価値はあります。

実はもう一つPDFファイルがある?

「本編」「台本」以外にも実はもう一つPDFファイルがあったりします。
これが何なのかはちょっとここには書けません。
>>もう一つのPDFファイルについて知りたい方はこちらをクリック